睡眠の質が向上するベッドルームの作り方

【風水】寝室

睡眠の質が向上するベッドルームの作り方

質の良い眠りはベットルームが素敵!

風水では一日の疲れをとるベットルームをとても大切にします。どういう場で眠りについているかによって、疲れの取れ方や、眠りの深さが違ってきます。

質の深い眠りにつくことができれば、パワーチャージすることができ、次の日も一日エネルギッシュに始めることができます。今回はナチュラルなベットルームをご紹介していきます。

ナチュラルカラーの寝室で一日の疲れをとる

ホワイト&ベージュのシンプルなカラーは心を落ち着かせてくれる配色です。色んなカラーが入り乱れている寝室は気が散るので深い眠りを妨げてしまいます。シンプルで落ち着いたトーンの寝室だからこその上質な眠りにつくことができます。

ベビーピンクで女性性もアップ

暗い雰囲気になりがちなグレーも淡いトーンのグレー×ピンクを組み合わせることによって上品な雰囲気になります。寝室はビビットなカラーにすると睡眠の質が低下しますので、淡いカラーでまとめ柔らかい雰囲気作りをすると睡眠の質も向上します。

清潔感を感じさせるホワイトで統一された寝室

ホワイトの寝具で色がまったくない寝室は、色んな想念がでてこなくなり眠りにつきやすくなります。見た目がスッキリしているということは、思考も心もスッキリしやすくなります。見ることによって情報を取り入れますが、視覚的影響は思っている以上に心身に影響を与えます。

一日をリセットして眠りにつくことができるホワイトカラーの寝室

ホワイトでもファーを取り入れることで冬でも暖かい雰囲気を演出してくれます。またファーを見たり、触れたりすることで心も温かく柔らかい気持ちにしてくれます。素材からも心理に与える影響がありますので上手く取り入れてみましょう。

ベットヘッドは気が安定する

風水ではベットヘッドを大切にします。頭の上があまりにも壁から離れていると寝ている間に気がもれてしまいます。しっかりしたベットヘッドがあることによって気も安定して眠りの質もよくなります。

※ベットヘッド(頭側に取り付けられた板のこと)

寝室の照明は眠りの深さに影響する

視覚から心身に与える影響はとても大きく、照明もそのひとつです。特に寝室は明るすぎると深い眠りにつくことができません。眠りにつく前から照明を間接照明で過ごすことでゆっくりと眠りにつくことができます。

寝る直前までスマホを見ていると明るい光で交感神経を刺激してしまい、目がさえて眠れなくなってしまいます。リラックスし眠くなってくるとと副交感神経が優位になり、質の深い眠りにつくことができます。

照明は眠りにも大きく影響しているので、気をつけたいですね。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ